赤ちゃんのあせもに効くのはどれ!?ワセリン、ヒルドイド、ステロイド、アズノールの違い

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

赤ちゃんはとっても汗かき。

夏場は着替えなどをこまめにしていても、
すぐにあせもができてしまいます。

あせもには、ワセリンがいい!

いやいや、あせもにはステロイドでしょ。

と薬も色々あり、
ママはどうしたらいいか迷ってしまいますよね。

ここではワセリン、ヒルドイド、ステロイド、アズノノールの違いについて、
ご紹介します。

【あせもは保湿すれば治る!?】赤ちゃんのあせもの5つの予防法

赤ちゃんのあせもが顔、首、頭にできた時の治し方とケア方法

ワセリン、ヒルドイド、ステロイド、アズノールの違い

1、ワセリン

41hMFAVZy2L._SY300_

ワセリンは薬剤ではないですが、
赤ちゃんのあせもに有効です。

薬剤が使用されてないので副作用の心配がないので、
新生児にも使用できます。

軽いあせもに有効で、
あせもがひどい場合はステロイドの方が良いでしょう。

ただしベタベタ塗るのは逆効果です。

逆に汗の発汗を妨げてしまい、
蒸れることもあるので気をつけましょう。

薄くのばして、あせもの患部のみ塗るようにしましょう。

2、ヒルドイド

P1410957

ヒルドイドはワセリンと同じ保湿剤ですが、
ドラッグストアで購入できない医療用医薬品です。

新生児から利用できます。

肌のカサカサ以外にも、シミやしわにも効果があります!

ワセリンより保湿力がありますが、
医師に相談して処方してもらいましょう。

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

3、ステロイド

2646722M1100_001

ひどいあせもや、アトピー性皮膚炎になってしまった場合に処方されるのが、
ステロイドです。

ステロイドは、医療医薬品です。

ステロイドは正しい使用法で使えば、
短期的にすぐにあせもを治してくれます。

ステロイドは弱いものから強いものまで、
5段階のランクがあります。

うちの子があせもになった時もステロイドを処方されましたが、
2、3日であかみがひきました。

顔には弱いものを、体には少し強いものを処方されました。

即効性はありますが副作用もあります。

医師に必ず使用する量と、使用期間を確認し、
必ず守りましょう。

4、アズノール

2649716M1042_000

アズノールも、医療医薬品です。

あせもの炎症を抑えてくれます。

アズノールはステロイドと違い、
副作用がないお薬です。

ただその分即効性がないので、
じっくり時間をかけて治します。

ステロイドの副作用が気になる場合は、
アズノールを処方してもらった方が良いです。

あせも対策は保湿がカギ!

あせもを治すには、保湿が重要なんです。

赤ちゃんの肌はぷるぷるで水分たっぷりに見えますが、
実は乾燥しています。

乾燥肌は、あせもになりやすいです。

そのため保湿をこまめにしてあげることで、
肌のバリアを高めることができます。

そうすることであせもを治し、
あせもができにくい肌になってくれます。

個人的には保湿力もある、
ヒルドイドが好きです。

乾燥肌のうちの子は、
よく皮膚科で処方してもらいます。

軽いあせもなら、これで十分治ります♪

こまめなケアで薬に頼らない!

ステロイドであせもを治しても、
結局すぐにあせもができてしまいます。

まずはあせもができないように、
こまめに汗を拭いたり、シャワーをしてケアをしてあげましょう。

何回もあせもができたら、かわいそうですよね。

普段から保湿などのケアをして、
あせもができにくい状態を作ってあげましょう。

ママも大変ですが、ケアをがんばりましょう。

【子供のあせもにオロナインはNG!?】あせもととびひの関係

赤ちゃんにあせもができてしまった時の治し方の5つのポイント