【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

生後7~8ヶ月は離乳食中期になります。

離乳食にも慣れてきて、
赤ちゃんも食べるのが少し楽しくなった頃。

この頃から色々な食材を食べさせられるので、
メニューのバリエーションも増えます。

ここでは離乳食中期の進め方と、
おすすめのメニューをご紹介します。

 離乳食中期のおすすめ食材はこちら

そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法    

離乳食中期の進め方

1日2回食が基本です。

お昼と夕方に食べさせます。

毎日同じ時間帯に、食べさせるようにしましょう。

この時期の離乳食の固さは、豆腐くらいの固さが理想です。

舌と上あごで、つぶして食べる練習をします。

野菜などはみじん切りにして、
よく煮込みましょう。

裏ごしする必要がなくなるので、
ママも作るのが楽ちんになります。

母乳は赤ちゃんが欲しがるだけ与えます。

ミルクの場合は、1日3回+食後に飲ませます。

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

食べさせる量と食べられるもの

1回の食事量

  1. 穀類、かゆ :50~80g
  2. 野菜、果物 :20~30g
  3. 魚、肉:10~15g 豆腐:30~40g 卵黄1個~全卵1/3個 乳製品:50~70g

1+2+3が1回の食事です。

例:かゆ…50g
にんじん、じゃがいも、大根…30g
鶏肉…15g

赤ちゃんが食べなければ、 無理に食べさせる必要はありません。  

食べられるもの

resize (22)炭水化物:米、食パン、乾麺(そうめん、うどん)、じゃがいも、さつまいも スパゲッティ、マカロニなど

野菜、果物:にんじん、かぼちゃ、玉ねぎ、ほうれん草、きゅうり、ピーマン バナナ、りんご、桃など

たんぱく質:豆腐、白身魚、鶏肉、鮭、牛乳、卵、ヨーグルトなど 

7倍かゆの作り方

お米から炊くのは大変なので、
炊いたごはんからの作り方です。

ご飯:水=1:3 (炊いたご飯1カップに対し、水3カップの割合)

  1. ごはんと水を鍋に入れ沸騰させます。
  2. 沸騰後、10分間弱火で煮立たせます。
  3. 火を止めて10分間蒸らします。

初期にくらべて量も食べるので、
1回で1日分作ってもいいですし、 大目に作って冷凍保存しても良いです。  

ベビーフードを上手に取り入れよう!

毎回手作りをするのが理想ですが、
栄養バランスを考えたり、
大人と別に作らなければいけないのでママは大変。

私は野菜は大量に煮込んで冷凍保存し、
肉や魚はベビーフードを活用していました。

お肉を煮込んで細かくするのは大変なので、
ベビーフードの方が手間もはぶけて楽ちんです♪

離乳食中期は量もあまり食べないので、
ベビーフードを購入した方が経済的な場合も。

うまく活用して、離乳食時期を乗り切りましょう♪

離乳食初期はこちら

離乳食後期はこちら

赤ちゃんに食べさせてはいけないものはこちら