【妊婦の糖尿病が増加!?】血糖値を下げる食事の3つのポイント


スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

近年、妊娠糖尿病になる妊婦さんが増加しています。

妊娠する前は糖尿病じゃなかったのに、
妊娠中に糖尿病を発症した場合は「妊娠糖尿病」と診断されます。

妊娠糖尿病になると母体のみでなく、胎児にも影響がでます。

切迫早産や羊水過多症、巨大児になり難産になったり、
最悪の場合子宮内で胎児が死亡することもあります。

ここでは妊婦の血糖値があがりやすい理由と、
血糖値を下げるための食事のポイントを、
ご紹介します。

食べ過ぎてしまう妊婦さん必見!食べても太らない体重管理方法

妊婦はなぜ糖尿がでやすいのか!?

妊娠中はホルモンの影響で、尿糖が出やすい状態になります。

赤ちゃんの成長を促進するために分泌されるホルモンが、
インスリンの働きを悪くしてしまうのが原因です。

インスリンは体内の血糖値を下げるために、
重要な働きをします。

妊娠することでインスリンの分泌量が減ることで、
上がった血糖値を下げることができなくなります。

そのため食事管理をしていても、尿糖が出ることがあります。

また尿糖がでる原因は、検査前の食事にあります。

インスリンが十分に分泌されないので、
検査直前に食事をすると血糖値があがってしまいます。

なので妊婦健診前の食事には、気をつけましょう。

私も尿糖の検査で、よくひっかかりました。

なのでいつも健診日の前日の夕食と朝食は控え目にし、
健診のあとにしっかり食事をとるようにしていました。

妊娠中は尿糖がでやすいのですが、
尿糖+が数回続くと血液検査で血糖値を計ります。

こちらの検査にひっかかると、妊娠糖尿病と判断されます。

1度尿糖が出た場合は次のことに注意して、尿糖が続かないようにしましょう。

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

妊婦の血糖値を下げる食事の3つのポイント

1、炭水化物や砂糖が使われているお菓子を控える。

パンやお米、ラーメンなどの炭水化物は食べ過ぎないようにしましょう。

全く食べないのではなく、
お腹がすいているからと、過剰に食べるのはやめましょう。

また、お菓子は極力食べないようにしましょう。

おやつはプレーンヨーグルトや、さつまいもなどがおすすめです。

私はお菓子がダメならと思い、
みかんやリンゴなどのフルーツをよく食べていたのですが、

フルーツは糖度が高いので、控えましょう。

フルーツを食べた翌日の健診で、案の定尿糖でました。

看護師さんに、
お菓子の代わりのフルーツを食べていると伝えると、
注意されました。

2、血糖値を下げる食物繊維とネバネバ食品をたべよう

食物繊維が多い食品は、
キノコ類、海藻類、根菜類、こんにゃくなどがあります。

ネバネバ食材は、納豆、オクラ、山芋などです。

このような食材を使った料理は、和食が多いので、
洋食より和食を食べるようにしましょう。

でも栄養満点の納豆も、
食べ過ぎるとNGなので気をつけましょう。

納豆の食べ過ぎはダメ!栄養満点の納豆にも落とし穴

3、血糖値を下げるお茶を飲もう

ocha110510

代表的なお茶は、コーン茶やグアバ茶などです。

普段あまり飲まないお茶なので、なかなか飲みづらいですよね。

麦茶や緑茶にも血糖値を下げる効果があるので、
飲みやすい麦茶がおすすめです。

逆にジュースは糖度が高いので、飲むのはやめましょう。

バランスのとれた食事と運動を心がけて

妊娠中は体重管理に、塩分に糖分と、食事に気を使わなければいけません。

共通していえるのはやはり、バランスの取れた食事と、適度な運動です。

食べ過ぎに注意して、バランスの良い食事を心がけましょう。

また応急策としては、
検査前には食事を控えること。

そうすることでインスリンの分泌が少なくても、
血糖値を上昇させることはありません。

【妊娠中に控えたい5つの食べ物】上手に体重管理をしよう!