【子供の歯ぎしりの原因もストレス!?】歯ぎしりの3つの原因と治療法

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

ある日突然、

子供が歯ぎしりをしているっ!

ってことはありませんか?

うちの子は1歳で歯ぎしりしているなぁと思ったけど、
すぐにおさまり、4歳の今、また歯ぎしりしています…汗

子供も歯ぎしりするんだと、びっくりしますよね。

歯ぎしりがひどいと、
歯並びなどに影響がないか気になります。

ここでは子供の歯ぎしりの原因と、
治療法についてご紹介します。

歯ぎしりの3つの原因

大人の歯ぎしりの原因は歯並びとストレスからくるものですが、
子供の場合は違います。

1、歯の生えはじめにする

歯が生える時に、むずがゆかったり、
かみ合わせが気になったりして、
無意識に歯ぎしりをします。

1歳~2歳は乳歯が生える時期にあたり、
5歳からは永久歯に生え変わるため、
歯ぎしりをすることがあります。

2、かみ合わせのバランスを調整する

4歳~6歳の歯ぎしりは、
成長とともにあごが大きくなることにより、
歯と歯の間に隙間ができるので、
それを調整するために、歯ぎしりをします。

それと同時に、永久歯が生えてくるスペースを確保するので、
成長の過程で必要なものです。

なので4歳のうちの子は、
正常に成長しているということです♪

原因を知ると安心ですね。

3、子供もストレスで歯ぎしりすることも

ほとんどが成長過程での歯ぎしりですが、
子供もストレスで歯ぎしりをすることがあります。

保育園、幼稚園、小学校に通い始めた。

親に怒られて落ち込んだり、
弟や妹が生まれたなど…。

環境の変化で、子供もストレスを受けます。

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

歯ぎしりの治療法

ほとんどが成長過程での歯ぎしりなので、
治療は必要ありません。

しばらく様子をみて、
長期間歯ぎしりが続く場合は、歯医者さんに相談しましょう。

マウスピースを作ってもらう方法と、
歯を矯正するという方法があります。

マウスピース

DVC00025.JPG

歯ぎしりを治すのに有効で、即効性があります。

歯医者さんで、ぴったりのサイズのものを作ってもらえます。

保険適用で、5000円くらいで作れます。

歯の矯正

歯並びが悪くて歯ぎしりをする場合は、
矯正することにより改善されます。

ただ保険適用外なので、
高額な料金がかかるうえに、
治療も長期間になります。

もし治療するなら手軽にできる、
マウスピースがおすすめです。

子供の歯ぎしりは成長過程なので気にしない♪

基本的には成長の証なので、
気にしなくて大丈夫です。

うちの子もしょっちゅう歯ぎしりしていますが、
気にせず見守っています。

歯のケアは大切なので、
しっかり歯磨きをし、定期的に歯科健診を受けることをお勧めします。

乳歯の生える順番についてはこちら