【出産後一気に老ける!?】老けないための3つのポイント

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

出産を期に、一気に老け込んでしまう人がいます。

ある日鏡を見て、疲れた顔の自分にびっくり!

久々に会った友達に「ちょっと老けた?」

と言われた日にはショックから立ち直れません…

ここでは産後に老ける原因と、
老けないポイントをご紹介します。

産後に老ける理由

出産という大きな仕事をした体は、
産後直後は疲れています。

でも産後1ヶ月安静にしていれば、これは自然と元に戻ります。

産後の安静についてはこちら

老ける原因は出産したことではなく、
なれない赤ちゃんのお世話により、自分にかける時間がなくなることです。

今までできていたスキンケアができず、
規則正しい生活が送ることもできません。

赤ちゃんのお世話を優先するので、
あまり外に出かけることもせず、
おしゃれをする機会がなくなってしまいます。

欲しい物も赤ちゃんのものを優先するので、
自分の欲しい物は二の次です。

産後は女性ホルモンの崩れもありますが、
それ以上に、今までと違う生活をしていることから、
老け込んでしまいます。

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

老けないための3つのポイント

1、朝晩のスキンケアはかかさずに

赤ちゃんのお世話で、
自分に時間をかけれないのはよくわかりますが、
朝晩のスキンケアだけでもきっちりしましょう。

化粧水と乳液が一緒になった、
オールインワンタイプがおすすめです♪

忙しくてもこれ一本で大丈夫なので、
朝晩毎日続けられます。

顔が乾燥するとシワの原因になり、
シワができると老け込みます。

なので保湿はかかさずに。

授乳すると水分不足になりがちなので、
水をこまめに飲みましょう。

AI_IMG_7769500-thumb-1200x800-5523

2、規則正しい生活

基本的なことですが、
赤ちゃんがいるとなかなか難しいです。

睡眠時間が短かったり、
ごはんもゆっくり食べれず、
簡単なものですませたり…

栄養バランスの崩れと、睡眠不足は老け込む原因です!

少し心がけるだけで違うので、
時間があれば寝る!

出来るだけ栄養バランスの良い食事を食べる。

これだけで、健康になります。

健康じゃないと、老けるのは当たり前ですね。

3、外に出かける

たまには外に出かけましょう。

外出するとなると、おしゃれしますよね♪

自分の身なりに気を使うことで、
老け込むのを防止します。

働いてるママって若く見えませんか?

毎日仕事に行くのに身なりを整えるから、
若さを保てます。

赤ちゃんのお世話だけでなく、
自分にかける時間を作るのが若さを保つ秘訣です。

ママだっておしゃれに

赤ちゃんのお世話も大事ですが、
ママだって女性です。

おしゃれだってしたいですよね?

旦那さんに協力してもらい、自分の時間を作るようにしましょう。

綺麗なママはやはり努力しています。

私は産後すぐに働いていたこともあり、
身なりにはかなり気をつけていました。

そのおかげか、子持ちには見えないとよく言われました。

育児も大事ですが、自分のお手入れも頑張りましょう♪

産後の歯についてはこちら