妊娠後期の足のむくみは安静にしてる方が良い!?むくみと運動について

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

妊娠中のむくみ対策に、
よくウォーキングした方が良いと聞くと思います。

でも普段の生活で、
足が疲れているとむくみやすいですよね。

なので妊娠中も、
運動しすぎたらむくみに逆効果納じゃないのか?
という意見があります。

ここでは妊娠中の足のむくみは、
安静している方がいいのかどうかについて、
ご紹介します。

妊娠後期のむくみは安静にしている方が良い!?

妊娠後期になると、
お腹の中の赤ちゃんが大きくなることで、
足の血行が悪くなり、どうしてもむくみやすいです。

むくみの原因はそれ以外にも、
塩分の過剰摂取、体の冷え、
そして運動不足による血行不良が原因と考えらます。

なので無理しない程度に、
ウォーキングしましょうと病院から指導されることも。

ただ臨月になると赤ちゃんの重みで足に負担がかかるので、
歩きすぎると足に負担がかかり、
むくみがとれないなんてことも。

なので臨月には、安静にしておいた方が良いという、
意見もあります。

ただ臨月には、ウォーキングすることにより、
お産がすすみやすくなります。

むくみは赤ちゃんを産むことで、
すーっと引いていきます。

私自身も臨月にはむくみに悩まされましたが、
産んだら足のむくみが引き、体が一気に軽くなりました。

なので早く産んでしまった方が楽です。

毎週の検診での体重増加と塩分の摂り過ぎを注意されて、
それがストレスで仕方ありませんでした。

そのために頑張って1日1時間ウォーキングをしました。

そのおかげあってか、
初産なのに予定日の1日前には生まれました。

体重や塩分を気にする生活がストレスだったため、
早く生まれてくれて本当によかったです。

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

臨月でもひどいむくみなら歩かない方が良い!?

私は臨月にむくみ予防とお産を進めるために、
毎日ウォーキングをしていました。

ただ足のむくみがあまりにもひどく、
痛みがある場合は歩くより安静にしていた方が良いです。

歩くとやはり足に負担がかかり、
歩いても全然むくみがとれないなんてことも。

なのでひどいむくみがあるときは、
食事制限と、着圧ソックスを履いて血行をよくしましょう。

食事は塩分を控えるのと、
カリウムを摂取するのがポイントです。

塩分は体に水分をため込みやすくします。

水分を体にため込むことにより、
むくんでしまいます。

またその塩分を体の外に排出する働きをしてくれるのが、
カリウムです。

味付けはなるべく薄味に、
カリウムを多く含むアボカドなどを食べるようにしましょう。

妊娠中のむくみ解消に最適な食べ物はどれ!?カリウムを多く食材10選含む

また着圧ソックスを履くだけで、
足に適度な圧力をかけ血行を促してくれます。

そうすることでむくみが解消されるので、
一度履いてみることをおすすめします。

履くだけで、少し楽になります。

まとめ

  • 妊娠後期になるとお腹の重みで血流が悪くなる。
  • むくみの原因には、過剰な塩分摂取、体の冷え、血行不良。
  • 臨月のウォーキングにはむくみ予防と、お産をすすめる効果がある。
  • ひどいむくみがある場合はウォーキングをすると足に負担がかかることがある。
  • むくみ対策に塩分を控え、カリウムを摂取する。
  • 着圧ソックスが簡単で効果的。

臨月に足がむくんでいても、
ひどくないなら適度に運動した方が、
お産も進むしおすすめです。

ただ痛みをともなうほどむくんでいる場合は、
他の方法でむくみを軽減しましょう。

むくみ予防にはたんぽぽコーヒーを、
飲むのもおすすめです。

利尿効果があるので、
余分な水分を体外に排出してくれるので、
むくみ予防に効果的です。

また母乳の出もよくしてくれるので、
産後の母乳育児にも効果があります。

むくみ予防は食事に気を使う方が、
効果を得られます。

まずは食事の見直しをしてみましょう。