【食事だけでは不十分!?】妊婦の貧血におすすめのサプリメント

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

妊娠すると、多くの妊婦さんが経験する貧血。

血液検査で貧血と判定されると、
鉄剤を処方されることも。

鉄剤は貧血を治すのに必要ですが、
副作用が辛いということが起きます。

また薬には。頼りたくない人もいますよね。

そんな鉄剤に頼らないためには、
やはり食事から鉄分をしっかり摂る必要があります。

ただ食事から鉄分を摂取するのは容易ではありません。

ここではその理由と、
妊婦さんにおすすめの鉄分サプリメントをご紹介します。

妊婦の貧血の原因とは!?赤ちゃんへの影響とママへの影響

鉄分は食事だけでは十分に摂取できない!?

鉄分は食事からとるのが難しいと言われているのは、
鉄分が体に吸収されにくいためです。

鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。

ヘム鉄は肉や魚などに含まれており、
鉄分が多く含む食材として有名なのがレバーです。

非ヘム鉄は肉や魚以外に含まれた鉄分です。

2つの鉄分の違いは、体への吸収率です。

鉄分の体への吸収率
・ヘム鉄…15~25%前後
・非ヘム…食材5%前後

妊婦の1日に必要な鉄分摂取量は、
妊娠中期から後期にかけては20mg必要です。

・ヘム鉄…130mg〜80mg
・非ヘム鉄系…400mg

を食材から摂取しなければいけません。

この量を摂取すのは簡単ではありません。

そのためビタミンCを、一緒に摂取するのがおすすめです。

ビタミンCを非ヘム鉄と一緒に摂取すると、
吸収率が2倍になります。

・非ヘム鉄…200mg

上記の量を摂取すればよいということになりますが、
それでも大変ですね。

ヘム鉄を含むレバーには、
100gあたり17.9 mgも鉄分を含んでいます。

じゃあレバーを毎日食べればいいじゃんと思いますが、
レバーにはビタミンAが含まれています。

ビタミンAは過剰摂取すると、
胎児の身体に異常をもたらすとされています。

なのでレバーを食べるのは、
週に1回程度にするべきです。

レバー以外で鉄分を摂ろうと思ったら、
のりやひじき、納豆、アーモンドなどのナッツ類から、
摂取することになります。

これらに含まれる鉄分はすべて、非ヘム鉄です。

非ヘム鉄は吸収率が悪いため、
かなりの量を食べなければいけません。

食事からだけでは、
どうしても摂取しきれないというのが現状です。

なのでサプリメントを利用して、
鉄分を補うようにしましょう。

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

おすすめのサプリメント

美めぐり習慣



1日5粒で、10mgも鉄分が配合されています。

しかも吸収性に優れたヘム鉄100%です。

鉄分の吸収率をあげるビタミンCも配合されているので、
効率よく鉄分を摂ることができます。

通常購入で1袋(150粒入り)3980円(税抜き)と、
価格もお手頃なのが魅力ですね。

クラクラ、めまい、つらい貧血に≪美めぐり習慣≫

鉄分は過剰摂取すると危険!?

鉄分を50mg以上摂取すると、
便秘や胃腸障害、鉄沈着、亜鉛の吸収阻害が起こります。

ただ鉄分は吸収率が悪いため、
50mgも摂るのは逆に大変です。

なのでサプリメントの服用量を守れば、
気にせず飲んでも大丈夫です。

食事からも鉄分を摂取する努力を

あくまでサプリメントは、補助が目的です。

食事で摂りきれない分の鉄分を、
補うのが役目です。

サプリメントを飲んでいるからといって、
食事をおろそかにしてはいけません。

食事からも鉄分を意識して摂取することで、
他の栄養素も一緒に摂取できます。

お腹の赤ちゃんのためにも、
バランスの良い食事を心がけましょう。

【レバーの食べ過ぎはNG!?】妊婦の貧血におすすめの食べ物

副作用が軽い!?妊婦の貧血ですすめられる鉄剤注射の費用と頻度