栄養満点!妊婦さんの貧血予防におすすめのドライフルーツ4選

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

妊婦さんの貧血予防でおすすめなのが、
ドライフルーツ。

ドライフルーツはそのまま食べられるので、
手軽に食べることができます。

また他の栄養素もたくさん含まれているので、
貧血予防意外にも便秘予防などにも効果的です。

ここでは貧血予防におすすめのドライフルーツを、
ご紹介します。

【体がだるいのは実は貧血のせい!?】妊婦の貧血の症状と数値

ドライフルーツは生のフルーツより栄養価が高い!?

鉄分や食物繊維などの栄養素が、
ドライフルーツにはぎゅっと凝縮されています。

生のフルーツと同じ体積で比較すると、
3~10倍もの栄養素が含まれているんです。

なので少量を食べることで、
栄養を効率よく摂取することができます。

ただ乾燥させる過程で、
ビタミン類は消失してしまいます。

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

貧血予防におすすめのドライフルーツ4選

1、イチジク

イチジクには鉄分が多く含まれおり、
なんと1つで1.4mgも鉄分が摂取できます。

ちなみに生のイチジクには、
0.3mgしか鉄分が含まれていません。

ドライフルーツになるだけで、
その含有量がなんと約5倍にもなるんです。

1日3個食べることで、
1日に必要な鉄分やカルシウムを補うことができます。

食べ過ぎると糖分の摂り過ぎになるので、
食べ過ぎには注意しましょう。

スーパーではあまり見かけないかもしれませんが、
ネットで簡単に手に入れることができるので、おすすめです。

2、レーズン

レーズンは100gで、
2.3mgの鉄分を含んでいます。

鉄分だけでなく、
カルシウムやマグネシウム、
ビタミンB群を多く含まれ、食物繊維も豊富です。

貧血予防だけでなく、
便秘防止にもなるので、妊婦さんに最適な食材ですね。

3、プルーン

プルーンの鉄分の含有慮は生の状態では0.3㎎ですが、
乾燥させることにより1.0㎎の含有量になります。

プルーンには食物繊維や葉酸、
カルシウムやカリウムなど、
妊婦の健康維持に必要な栄養素がいっぱい含まれています。

4、あんず

あんずにはレーズン同様100gで、
2.3mgの鉄分を含んでいます。

あんずにはβ-カロテンが豊富に含まれいるので、
皮膚の健康維持に効果があります。

肌荒れに悩んでいるなら、
あんずを食べるのがおすすめです。

ドライフルーツの食べ過ぎに注意

ドライフルーツは手軽に食べれるのが特徴ですが、
ついつい食べ過ぎてしまうことも。

ドライフルーツは栄養価が高いですが、糖分も高いので、
食べ過ぎると尿糖検査でひっかかってしまう恐れがあります。

なので1日30g程度を食べるようにし、
できればエネルギーとして糖分を消費するために、
午前中に食べるのがおすすめです。

妊娠中に必要な鉄分の1日の摂取量は、
20mgなのでドライフルーツのみから摂るのは難しいでしょう。

あくまでドライフルーツを食べることで、
鉄分摂取の補助ができると、考えてくださいね。

1つの食材から摂ろうとせず、
様々な食材から鉄分をバランスよく摂取するようにしましょう。

【レバーの食べ過ぎはNG!?】妊婦の貧血におすすめの食べ物

副作用が軽い!?妊婦の貧血ですすめられる鉄剤注射の費用と頻度