赤ちゃんのあせも対策におすすめの保湿クリームはこれだ!

よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
妊婦さんにおすすめ水素水!つわり、マタニティブルーを解消!?



【麦茶を飲まるのは生後5ケ月から!】飲ませる量と保存方法



【初めての離乳食は小さじ1杯から】初期の離乳食のはじめ方と進め方



【りんごは離乳食初期からOK!】月齢別の下ごしらえ方法



【離乳食初期の進め方】赤ちゃんに人気のにんじん、かぼちゃの調理法



【離乳食中期の進め方】食べさせる量と調理法。おかゆ+2品が基本



【離乳食中期のおすすめ食材】パン、ささみ、うどん、しらすの与え方



【離乳食後期の進め方】3回食が基本。おやつは必要ない!?



【離乳食後期のおすすめ食材】バナナ、卵、納豆を使ったメニュー



【離乳食後期のおすすめ食材】豆腐、かぼちゃを使ったメニュー



【1歳の離乳食の進め方】食べさせる量とおやつの重要性



1歳の離乳食の簡単レシピ♪手づかみおかずとおにぎり



【赤ちゃんが離乳食を食べてくれない…泣】食べムラの5つの対策



【離乳食で食べさせてはいけない食材】アレルギーへの対策



離乳食パン、きゅうり、ひじきの調理法とアレンジメニュー



【離乳食初期の簡単調理食材】バナナ、イチゴ、豆腐の調理法



離乳食初期に食べさせていい魚は!?食べさせる量と調理法



そのままあげて大丈夫!?離乳食中期にあげる納豆の量と調理法



種は食べてもOK!?離乳食中期に食べさせるトマトの量と調理法



味噌汁は上澄みから!?離乳食で赤ちゃんに食べさせる味噌汁と具



子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法

ママがいくらケアを頑張っても、
赤ちゃんのあせもが治らないことがあります。

あせもがひどいと、
赤ちゃんの機嫌も悪くなって、
ママもイライラしてしまいますよね。

なんとかして、赤ちゃんのあせもを治したい!

そんなママと赤ちゃんにおすすめの、
あせも対策におすすめの保湿クリームをここではご紹介します。

【あせもは保湿すれば治る!?】赤ちゃんのあせもの5つの予防法

赤ちゃんのあせも対策

赤ちゃんのあせもを予防するには、
まず清潔にすることが大切です!

  • 汗をかいたらこまめに拭く
  • 汗がひどければ着替えさせる
  • おむつをおまめに交換する
  • シャワーをする

汗を放置すると雑菌が繁殖するため、
肌が荒れてあせもになってしまうんです。

それに加え、保湿することが重要です。

汗をかいているのに乾燥するの!?
と疑問に思いますが、
紫外線やクーラーによってお肌が乾燥してしまうんです。

赤ちゃんの肌は見た目はぷるぷるですが、
保湿力が大人に比べて低いため、
実は乾燥しているんです。

肌は乾燥するとお肌のバリアが弱まり、
そんな時に汗をかくことで、
あせもになってしまうんです。

そのため肌のバリアを強くするために、
ベビーローションはかかせません。

シャワーのあとは必ず、
ベビーローションで保湿してあげましょうね!

市販のベビーローションはイマイチ…

とにかく肌を乾燥から守るために、
私はマツキヨで市販のベビーローションを使ってみました。

市販でも、高コスパと有名なものです。

塗ってすぐはしっとりしているんですが、
しばらくしたらすぐに汗でねっちょり。

これってベビーローション塗っている意味あるのかな??
という感じでした。

1週間ほど続けてみましたが、
赤ちゃんのお肌があまり潤っている感じがしませんでした。

そこでネットで色々調べまくった結果、
赤ちゃんのお肌がぷるぷるになるベビーローションを、
発見したんです!

それがこれ!

ドルチボーレ ミルキーベビーローションです。

こちらの商品は、
真っ白な乳液のようなローションを塗ると、
すーっと肌になじみます。

塗った後はもちろんすべすべ。

そのあと汗をかいてもねっちょりせず、
汗を拭けばしっとりしていました。

1週間ほど続けると、
あせもでかさかさしていた部分も、
しっとりしてきましたよ。

ちなみにこれがなくなった後に、
市販のものに戻したら、
またあせもができやすくなってしまいました。

一度使ったら、この商品から別商品には移れませんw


こまめなケアとベビーローションのおかげでしっとり肌に

赤ちゃんのあせもは見ているだけでかわいそうでしたが、
こまめなケアとベビーローションのおかげで、
しっとりとした肌になりました。

うちの子はそれ以来、
ひどいあせもになることはなくなりましたよ。

汗をこまめにふいたり、
シャワーを何度もしたり。

そのたびにローションを塗るのは大変ですが、
努力をすれば赤ちゃんの肌も、
あせもしらずになりますよ。

やっぱりしっとりぷるぷるお肌は、
見ているだけで愛おししくなりますね。